本間玄琢生家

幕末水戸藩の藩医だった本間玄琢は小美玉市の旧小川町の名主の家に生まれ、本間家の養子になりました。そして藩医として活躍しました。
本間玄琢生家1
その生家が旧小川町の安らぎの里に移築されています。大きい家でどう取ればいいのかわかりません。
本間玄琢生家2
内部は暗かったのですが何とか手振れしないで撮れたようです。
本間玄琢生家3
囲炉裏から別な部屋を撮りましたが囲炉裏周辺が暗くてよくわかりません。
本間玄琢生家4
右側の廊下から内部を撮りました。
本間玄琢生家5
1枚目と少しアングルを変えて。
本間玄琢生家6
少し遠くから全体を撮りたかったのですがこのくらいしか撮れません。
本間玄琢はシーボルトや華岡青洲とも親交のある人だったらしいです。また庭には薬草園があります。明日少し載せます。
撮影日9月18日
Author by troy / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんにちは(*´∀`)

二枚目、日射しか入っている感じがいいですね。三枚目、いろりが影になっている感じがすごくいいです。三枚目の方が好きです。いろりって使ったら面白そうですね。部屋とか煙くなりそうですが、。上に換気口とかあるんですかね?
お邪魔しましたm(__)m

Re: タイトルなし 

keicoさんこんばんは。
写真気に入ってもらえてうれしいです。
全体が映っている写真の屋根に出っ張っているところがありますよね。あそこから煙が出るんですよ。
あと萱に吸い込まれていくので煙くはないんです。
コメントありがとうございます。