備前堀1

今日は水戸の駅南にある備前堀(びぜんぼり)です。
備前掘1
水戸徳川家初代頼房が農業用水確保のためと千波湖の洪水防止のため、関東郡代伊奈備前守忠次に銘じて作らせた。そこから備前堀と呼ばれる。
備前堀2
伊奈忠次は名代官として有名で、かつて茨城県にあった伊奈町や、埼玉県の伊奈町もこの人から名付られた。
備前堀3
以前から埋め立てて駐車場にするとかいろいろ案が出ていたらしいが、市民の願望で平成になってからお堀として整備され、遊歩道もできた。
備前堀4
途中にはいくつかの橋があり、柳が植えられている。
備前堀5
こうじん橋の向こうは児童公園です。
備前堀6

備前堀7
たまげ橋。この橋のあたりまで昔は千波湖がきていて、備前堀はここから始まったようです。
明日に続きます。
撮影日  12月13日
Author by troy / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんにちわd=(^o^)=b

あー、コメンい書いたんですがない、、。
失敗。(@_@)

たまげばしが面白いですね。また、troyさんの、構図術で、なに他のものを入れたらおもしろくなりそうです。

Re: タイトルなし 

keicoさんこんにちは。
コメント行方不明ですか。私も何度かやりました。
コメント書いたらもう1度確認したほうがいいみたいですね。
構図はいつもいろいろ変えて撮らなければと思うのですが、撮っているときは忘れて1回で納得してるんですよ。駄目ですね。だからいつまでも下手なんだと思います。
コメントありがとうございます。