宍戸駅周辺散策1

JR水戸線宍戸駅周辺は鎌倉時代から戦国時代までは宍戸氏が治め、江戸時代は宍戸松平藩の陣屋があり、周辺には寺がたくさんあります。以前も散策してブログに載せたことがありますが、東日本大震災で壊れたところなどもあったのでもう1度散策してみました。
宍戸散策1405-1
今回の出発点はこの歴史民俗資料館前からです。この建物は以前紹介したことがあるので今回は入りません。
宍戸散策1405-2
この田んぼのあたりは江戸時代には宍戸藩の陣屋がありました。
宍戸散策1405-3
その先を右折すると最初の寺清水寺(せいすいじ)があります。
宍戸散策1405-4
入り口の前には小川が流れています。たぶんお堀のあとだと思います。
宍戸散策1405-5
門越しに境内を撮りました。
宍戸散策1405-6
以前も書いたと思いますが、門を入ると左右に44体、合計88体の大師像があります。
宍戸散策1405-7
この88体をすべて拝むと四国88か所を巡礼したのと、同じだということです。
宍戸散策1405-8
門越しに88体の石仏を撮りました。
今日はここまで。明日もう少しこの寺を載せます。
撮影日  2014年5月14日
Author by troy / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示