常陸出雲大社1

笠間市福原にある出雲大社は平成4年12月島根県の出雲大社の分霊を祭った神社です。
出雲大社1502-1

出雲大社1502-2

出雲大社1502-3

しめ縄の下をのぞくと小銭が挟まってます。下から投げて挟まると幸運に恵まれるという話です。
出雲大社1502-4
島根県の出雲大社から長野県の諏訪大社を通り真っ直ぐ線を引くとこの地に着くということや大国主の命と一緒に国図栗をしたのが常陸の少名彦の命ということもあり建てられたらしいです。諏訪大社の祭神は大国主の命の子供建御中方の命だそうです。何回か続きます。
Author by troy / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

こんにちは~ 

初コメです。
出雲市在住で近くに出雲大社があるのですが、
こちらの大社さんも立派ですねー!

出雲大社→諏訪大社からまっすぐ線を引いた場所にあるなんて
なんだか神秘的な感じで面白いです。
神社を建てる場所にもちゃんと意味があるのですね。

続きも楽しみにしています。(*´∀`)

Re: こんにちは~ 

kumiさんこんにちは。初めまして。
出雲の方ですか。本物を見ている方に立派だといわれてうれしいです。
本当にちゃんとした意味があるんですね。私も今回初めて知りました。
気に入ってもらえてうれしいです。
コメントありがとうございます。