福性寺

私の家から車で30分くらい行ったところに福性寺という寺がありそばに城址もあったらしいので見てきました。福性寺1
天台宗の寺で創建は元弘年間らしい。阿闍梨と呼ばれていた僧侶が創建したという話も伝わっているらしい。三池山普門院福性寺というのが正式名。
福性寺2
鐘撞き堂です。この寺の近くに城があり土地の名を撮って飯沼城と呼ばれていた。また桜井氏が城主だったので桜井館と呼ばれていた。
福性寺3
本堂です。一木造の如来像が祭られているとのこと。また本堂は平成19年落慶ということです。
福性寺4
こちらが本当の門でした。
桜井氏は南北朝時代南朝に属した。文明年間ごろには江戸氏の家臣になっていたらしいです。
そして天正年間に佐竹氏に滅ぼされて館は廃城になりました。ただ寺は江戸時代宍戸藩や旗本領になり、庇護されていたらしいです。
福性寺5
門の横には六地蔵があります。
この寺はかなり火災などにあっているらしく何度か立て直されているようです。どの建物も新しい感じです。
福性寺6
観音堂です。桜井氏のどの時代かはわかりませんが正室の安産を祈るために建てられたといいます。この地ではこの観音様にお祈りすると安産だと言い伝えられているらしい。

ランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


写真(風景・自然) ブログランキングへ



Author by troy / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

troyさん こんばんは

随分すっきりしたお寺ですね、火災に度々会ったせいでしょうか?
新しいのですね、
六地蔵さんが、お行儀よく並んでいますね、手元がそれぞれ違いますが
何か意味があるのでしょうね?

Re: タイトルなし 

hgさんおはようございます。
聞いた話ですけど宇宙には六つの世界があり、六地蔵というのはそれぞれ違う世界を救うためにいるんだそうです。
手元の違いもそういうことだと思います。